サッカークラブについて調べるときの観点のひとつがスポンサーの数です。

少数の大企業が支えているのか、数え切れない会社や組織がクラブを支えているのかで営業方針は大きく異なります。

特にFC東京や名古屋グランパスのユニフォームやピッチに掲出されている看板を見ると名だたる会社が集まっています。
また柏レイソルや大宮アルディージャ、ガンバ大阪は特定のグループ企業(日立・NTT・パナソニック)の企業の広告が目立ちます。

一方でヴァンフォーレ甲府ファジアーノ岡山のような地方の市民クラブはスポンサーの数が非常に多いです。

ヴァンフォーレ甲府が経営危機からJ1の舞台で戦うまでの過程はこちらで詳しく書かれています。
靴の底がすり減るくらい営業をするということでクラブから靴が提供されるエピソードはなかなかです。

また、こちらの図書でも少しではありますが営業に関する記事が掲載されています。

 

スポンサー獲得の経緯はなかなか調べることが難しいのですが、少なくともどんな企業がクラブを支えているのかは事前に把握しておくことが就職や転職の際の最低限のマナーです。