クラブ消滅危機を乗り越え、J1昇格を経てJ2降格のシーズンとなった2016年の湘南ベルマーレの内情が書かれている図書になります。


 

多くの書籍ですと選手や監督に光を当てた内容になりがちですが、この書籍では選手ではなくフロントスタッフにフォーカスしています。

J2とJ1を行き来するクラブ、市民型クラブでどんな方々が働いているのか理解できる面白い図書です。

特に業界では有名な広報の遠藤さんの内容は短くもJリーグクラブの仕事の実態がよく現れています。

・特定の人が特定の業務を長年やり続けている
・その業務に愛着がある
・長年の積み重ねにより引き継ぎに2名いないと厳しい
・広報で培ったスキルは営業でも生きる

スポーツビジネスに関心がある方が最初に読むべき本ではないと感じましたが、真剣にJリーグ業界に就職したいのであれば読んで損はない一冊です。

ぜひこの機会に読んでみてください。

湘南ベルマーレに関する図書は比較的多く出版されていますのであわせて読んでみるとより一層理解が進みます。