SC相模原の望月代表とホリエモン氏がJクラブの経営を語る動画を紹介したいと思います。


TSU93_kinpakusc_TP_V

登場人物

望月重良氏

2008年2月に自ら全額を出資して創設したSC相模原の代表に就任[5]。2011年には相模原の監督も務めた。また、平行してサッカー解説者、スポーツ紙のコメンテーター[6]、サッカー指導者としての活動も行っている[7]。


ホリエモン:堀江貴文氏

Jリーグ・アドバイザー(2015年8月就任)

動画の主な内容

サッカービジネスで大事なこととしてホリエモン氏が下記の3点をあげています。
・スタジアム
・スター
・デジタル化

動画ではそれぞれについてSC相模原・望月代表とホリエモン氏が事例を交えながらわかりやすく語っています。

SC相模原の話題も多いですが、他のクラブにも当てはまることは非常に多い内容になっています。Jリーグで働くスタッフとしてはある意味、習慣や当然と思っていることも外部から見るとよくないことなどを紹介しており、転職活動や就職活動の面接時の話題にもできそうです。またクラブの経営研究における着眼点としても参考になると思います。


動画でも紹介されていますが、SC相模原の望月代表の著書があります。
SC相模原をJ3まで引っ張ってきた経緯やクラブ経営に関する思いが記されており非常にためになります。




あわせてホリエモン氏がサッカーに関する著書も出版されており、こちらも大変面白いです。