プロサッカークラブで有名な仕事のひとつが強化担当の仕事だと思われます。

1)選手・スタッフの編成

プロサッカークラブの仕事らしいとも言えるのが選手の編成です。ゲームのように選手を揃えて…とはいきませんが、限られた予算で最高の成績が残せるように選手の組み合わせを考えるのが仕事です。人間の集合ということで純粋な足し算や掛け算にならないのが特徴です。サポーターが満足するような成績が残せないと批判の対象になります。

2)契約・スカウト

チームの新戦力なるような選手を発掘し、契約するのも仕事のひとつです。いわゆる代理人との交渉も含まれます。他のチームで活躍する選手の動向をチェックするのもスカウトの仕事であり、そのスカウトと連絡を密にするのも強化担当の仕事になります。

3)対戦チーム視察

時には対戦相手のチームの視察にいきます。どのようなサッカーをするのかというチームを把握する目的以外に、選手の獲得に向けた視察という場合もあります。

強化担当の仕事は選手だったという方が非常に多く、代理人などとも関係を築くある必要があるため他の担当とは少し働く世界が違うと言えます。