サッカーを普及させる仕事、それがスクール担当の仕事になります。

幼稚園年代から小学生までを対象にサッカーを楽しんでもらいながら上達を促すのがサッカースクールです。

1)スクールの運営

サッカースクールの時間割や場所の選定・契約などスクールの中身以外を全て担うのが仕事になります。サッカースクールはプロサッカーチーム以外にも地域のスポーツクラブもあり、いわゆる競合となる存在がどこの地域にもあります。そういったクラブとの差別化を図りながらサッカースクールに通ってくれる子供を増やしていくのが仕事です。

ゆくゆくはアカデミーを経由してトップチームの選手を輩出して活躍してもらうのが最大のプロモーションになることでしょう。

2)コーチとの契約

アカデミーと同じくコーチと契約を結ぶ必要があります。同じように教えるという内容でもサービスの要素が強いサッカースクールとアカデミーでは求められるものが変わります。向き不向きがあると思いますので、見極めは大事になります。同じように子供から人気である以外に親にも人気があるとなお良いです。

日本のサッカー文化を豊かにさせるという観点ではこの仕事も大切なことです。