Jリーグの各クラブに一人はいる運営担当。言葉では何をしているのかわかりにくい運営担当は主に下記の仕事を担当しています。

1)試合の開催に向けた準備

ホームゲームを開催するにあたり様々な準備が必要ですが、その中心となるのが運営担当です。
試合当日の資料を作成したり、スタジアムと事前に打ち合わせをしたりなどその調整内容は多岐に渡ります。地元の警察や交通機関、周辺住民、商業施設との関係構築などクラブが試合をするための根幹を担う存在です。もちろんボランティアスタッフやアルバイトスタッフ、警備員の手配も担当します。
またアウェイチームや審判を受け入れるための対応もします。

2)試合当日の進行

入念な準備を踏まえて、試合当日はスケジュール通りに物事が進んでいくか確認をします。チームによっては先発メンバーやベンチ入りメンバーの提出する用紙を記入するのも運営担当の仕事になり、間違えることができない重要な仕事です。
選手が時間通りに到着するかなど常に時間に追われることが多いのも特徴です。

またサポーターが居残りをしたときに最初にサポーターと連絡を取り合うのが運営担当の仕事でもあります。そのため常日頃からサポーターとの関係も構築していく必要があり、関わる人の数は膨大なものとなります。

他の担当と違うのはアウェイに帯同する機会が多いのも特徴です。メンバー表の提出やサポーターとの調整などアウェイでも担う仕事はあります。

ホームでもアウェイでも仕事があるため、なかなか休むことができない大変な担当の一つと言えます。