そもそもサッカーのコーチと聞いたらどんな指導者を思い浮かべるでしょうか?

Jリーグや日本代表の監督やコーチでしょうか。はたまた高校サッカーや小学生のコーチでしょうか。専門的なゴールキパーコーチ(GKコーチ)やコンディショニングコーチや分析を行うコーチもいます。コーチというだけでも昨今のサッカー業界では非常に多種多様な仕事内容になっています。

サッカーのコーチや指導者になるにはどうしたらよいのか、どうしたらなれるのか紹介したいと思います。

XEM626001_TP_V


サッカーの指導者ライセンスとは?

日本のサッカー界では選手に指導するにあたりライセンスが必要になります。公で自動車を運転するために運転免許が必要なように、教えるために適切な知識を持っていることを示すライセンスの取得が必要になります。

img_licence
(引用:日本サッカー協会HP 指導者養成講習会

どうしたらライセンスが取れる?

ライセンスを取得するにはサッカー協会が開催する研修などに参加する必要があります。

小学生年代はD級、中学生年代はC級、高校生年代はB級、そして大学生やJFLはA級、JリーグはS級というように分類されています。

D級やC級までは都道府県のサッカー協会が開催しているため比較的身近な会場で受講することができます。

サッカースクールのコーチの仕事

サッカースクールで働くコーチたちは一体どんな仕事をしているのでしょうか。

子供達に練習を教えるシーンはイメージしやすいでしょう。それ以外にも練習試合の調整なども思いつく方はいると思います。子供達が不在の時に練習内容の組み立てはもちろんのこと、練習スケジュールの作成や保護者への連絡、集金なども行うクラブもあるでしょう。

お金の管理は組織の規模が大きければ、専門のスタッフにお任せできますが小さいクラブの場合は自分たちで管理することになるでしょう。

実際に働く場合はどの業務まで行う必要性があるのか確認することをお勧めします。

サッカーコーチの求人

サッカーコーチの求人や仕事の募集方法は実に様々です。

例えばJリーグのチームのサッカースクールではHPで募集の案内を出しています。特に採用に関する情報が出るのは冬から春先が多いです。

理由としてはトップチームの組織編成が12月から1月に行われ玉突きでコーチの移動が始まります。そしてサッカースクールは学校の年度に合わせるため4月始まりのため、4月に向けてコーチの陣容を確定させる必要があり、この時期にコーチや指導者の募集を行います。

Jリーグのクラブ以外では、一般的な求人サイトで募集していたり、ハローワークで募集していたり、ときにはチームのHPで募集案内を出していることがあります。

求人情報を見ていると経験不問と記載されていることも多いですが、子供預ける保護者からすればきちんとしたライセンスを持っていた方が信用されやすいのでライセンスはあるにこしたことはありません。

(参考)名古屋グランパススクールコーチの求人例

◇待遇
・1年契約
 ※次年度以降、1年毎の更新あり
・報酬等はご自身の経験などを考慮の上、決定
・休日、休暇、交通費等は仔細面談時に決定
 ※各種社会保険はございません

◇募集条件
・高校卒業以上30歳までの男女
・サッカーのプレー経験、指導経験がある方(プロ・アマチュア不問)
・「名古屋グランパスサッカースクール」におけるキッズ年代、小学生年代、中学生年代への指導に情熱を持ち、真摯に業務に取り組める方
・心身ともに健康な方
・サッカーに関連したイベントの企画、運営ができる方
・パソコン(ワード・エクセル・パワーポイント)を利用しての事務作業ができる方

◇応募資格
・普通自動車運転免許
・JFA公認C級コーチ以上取得が望ましい
 ※サッカー教室・スクール実務経験者は優遇 
・JFA公認サッカー審判員4級以上取得が望ましい

サッカーコーチの年収

サッカーのコーチの年収や給料はかなり開きがあります。街のよくあるサッカースクールやJリーグのサッカースクールですと月給は15万円から20万円が相場になります。 そのため年収にすると200万円くらいから350万円くらいになります。

もちろん保護者からの支持やライセンスの保有状況などによって変動しますが、概ねこの数字がひとつの目安になると思います。

また一握りの存在ではありますがJリーグの監督やコーチになりますと高額な収入になります。

サッカースクールで働く上で気にしてほしいこと

サッカースクールのコーチは正社員と呼ばれる人もいればアルバイトの人もいます。そして個人事業主として会社と契約するチームもあります。 個人事業主になる場合は単年契約になるため非常に不安定な仕事ではありますが、自分の仕事が評価されれば年収のアップの交渉や他のチームへの移籍もしやすいです。

キャリアアップ(年収アップ)を考えるとJリーグのクラブでは各年代のチームを持っているため、評価されれば次第に上の学年に進み、最終的にはトップチームへという道もあります。

サッカースクールのコーチのやりがいとしては子供達にサッカーの楽しさを伝えることができることや将来教え子が活躍したときは感慨深いでしょう。 気になる方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


サッカーコーチを目指す方々に読んで欲しい本

小学校体育 全学年対応 サッカー指導の教科書
日本サッカー協会
東洋館出版社
2014-06-06











(こちらもぜひご覧ください)

サッカースクールとアカデミー組織の違いとは?