プロサッカークラブで働きたいと思った際に、どのような流れで転職活動を進めるのかわからない方も多いと思いますので流れを説明したいと思います。


TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V

求人情報を探す


(公開されている求人情報を探す)
プロサッカークラブの求人はいわゆる転職サイトや各クラブのwebサイトで公開されることが多いですが、非公開求人の場合もあります。
どのクラブも定期的な採用は行なっておらず、不定期の採用活動で頻繁に募集しているチームもあれば、求人情報を見たことがないチームもあります。特定のクラブにおいて求人が公開されて、次の募集まで1年以上無いことはよくあります。

また募集の職種が限定されている場合もあれば、総合職として募集を行なっている場合もあります。例えばスポンサー営業を担うスタッフを募集している場合は営業経験などを優遇するなどの情報も求人要項に記載されていますので合わせて確認が必要です。

求人情報の定期的なチェックにはぜひ、ジョブサカのチェックをお願いします。

(非公開求人を探す)
クラブによっては求人情報を公開するとたくさんの応募者が集まりすぎてしまい、採用活動に支障きたすことがあるため非公開求人で募集をかける場合があります。

非公開の求人に応募する方法のひとつに転職エージェントのサービスを利用する方法があります。転職エージェントを利用するとエージェントがあなたの希望する条件にあった求人を紹介してくれます。

転職エージェントサービスについてはこちらをご確認ください。

最短でサッカー業界に転職する方へ心強いパートナー


ベースとなる転職書類を作成する


サッカークラブへの転職活動に際して必須となる書類があります。それは履歴書と職務経歴書になります。
多くの方は求人情報を見つけてから作成される方が多く、十分な時間をかけずに企業に提出しているケースが見られます。
普段、働きながら転職活動をするとなるとなかなか書類作成に時間をかけるのは大変なことです。

ただ履歴書や職務経歴書が転職活動において果たす役割はかなり大きいです。書類選考の倍率は10倍を超えるところもあります。
時間をかけずに作成した書類ですと誤字脱字もありますし、端的にまとまっていない書類もあります。

よくよく考えると履歴書も職務経歴書も過去の自分に関してまとめた資料になるため、求人情報を探しながら作成することもできます。先に作成しておくメリットとして求人情報を見つけてから締め切りまで短い求人にも対応することができます。
加えて、転職サイトや転職エージェントのサービスに登録するにあたり、履歴書や職務経歴書に記載する情報を入力しますので先に作成しておいて損はありません。

サッカークラブに採用される履歴書・職務経歴書・志望動機とは?



また、書類を作成するにあたり自己分析をする方におすすめしたいのが下記のサービスです。リクナビネクストに無料登録すると、無料で受けることができる自己分析サービスです。自分がどういった性格なのか把握することは、この後の面接でも非常に重要な要素ですが、面接での話題のベースは提出した書類になりますので、その書類と面接での内容に整合性があるようにするためにも書類作成前に受けることをおすすめします。リクナビネクストでもプロサッカークラブの求人を見かけることもあるので登録しておくことをおすすめします。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】





応募書類をブラッシュアップする


上記で履歴書や職務経歴書を作成しても提出前に見直ししましょう。誤字脱字の最終確認はもちろんのことですが、求人情報で求められる経験などのアピールするポイントの表現などの出し入れも大切です。社会人経験が長くなると色々な経験を記載できますが、メリハリをつけてかくべきです。資料が必要以上に長くなってしまうとどこに着目してほしいかわかりにくくなり書類選考で落ちる可能性もあるので注意が必要です。

またクラブによっては課題の提出を求めることがあります。簡単な内容から時間がかかる課題を求めるところまで様々あります。書類選考で勝ち抜くためにも事前に履歴書などは作成しておき時間を確保するメリットは大きいです。

ここがダメだよ、サッカークラブを目指す5つの志望動機

面接を受ける


無事、書類選考を突破したら次は面接試験になります。

多くのクラブでの選考の流れは
書類選考→一次面接(担当レベル)→最終面接(役員レベル)→内定
というところが多いです。
面接に進んだ人が多いと面接の回数が増える場合があります。

面接まで残っている方々は書類上では遜色ないレベルにあります。面接での受け答えやコミュニケーション能力の出来不出来の差はかなり大きいです。
その際にどういった質問がくるかなどは事前に想定できていると落ち着いて答えることができますのでぜひ、下記も参照ください。
面接での質問を想定して書類を作成するのは内定を勝ち取るには基本的なことですので、書類作成時に想定される質問について目を通しておくのは有意義です。

あなたはなぜプロサッカークラブで働きたいですか?

プロサッカークラブの面接で聞かれる30の質問


内定をもらう


内定については早ければ面接の翌日、かかっても1週間ぐらいで連絡があります。最終的な決裁者の都合や試合があったり、他の候補者の面接が終わっていないとなかなか連絡することができないので、応募者は待つしかないので気長に待ちましょう。

そして無事内定がもらえたら新しい生活の始まりです。サッカークラブで働くことが目的にならないように、やりたいことを忘れずに入社しましょう!