サッカークラブがリーグがシーズン制となっているため、毎年同じような仕事の進み方になります。

3〜11月はシーズン期間
12〜2月はシーズンオフ期間

というようにざっくり分けることができます。

営業を始め事務を中心とするスタッフはシーズンオフが非常に忙しいです。
シーズンオフにどれだけ頑張ったかでシーズン中が大きく変わります。

年間チケットがたくさん売れてると一般チケットを売る努力を減らすことができます。
またシーズン中は様々なルールの変更が難しいため、シーズンオフにいろいろと変更することが多いです。

そのためシーズンが開幕する直前はどこのクラブもかなりバタバタしています。

そしてシーズンが開幕するとある程度ルーティーンが決まってくるため動きやすくなります。

シーズン中の夏場を越えたあたりから翌シーズンの準備を始めます。
特にユニフォームスポンサーや年間チケットはこの時期から準備をしないとシーズンオフを万全の体制で迎えることができないからです。
チームの成績が芳しくなく降格の可能性がチラつくと残留と降格の2パターンを想定して話をしなければならず手間が倍になります。

安定してチームが戦えるようになると降格の可能性がなくなるため考える要素が減るため、早々に残留を決めてほしいのはサポーターのみならず事務を担当しているスタッフの切なる願いです。