プロサッカークラブにおけるプロモーションとは主に試合のチケットを売るためにいろいろな仕事をする担当です。

1)プロモーション計画・実施
他の担当はそれぞれの仕事の中にさらに細分化された仕事がありますが、プロモーション担当は売るために何でもするというのが端的な表現になります。

その仕事内容は川崎フロンターレの天野春果氏の著書「僕がバナナを売って算数ドリルを作るワケ」を読んでいただくと、本当にいろいろな取り組みをされていることがわかります。


 

テレビでCMを流したり、ポスターを貼ったり、チラシを配ることもプロモーションの大切な仕事ですが、クラブとして長い目で考えたときにどんな取り組みをして、メディアが取り上げたくなるクラブになるかを考えることも大切です。

実際にサッカークラブで働いている人の中でも非常に有名な本として認知されているおりますので、川崎フロンターレ以外のクラブを目指す方もぜひ一読されることをお勧めします。

また、その続編も出ておりますので合わせて読んでおくことをこちらもお勧めします。