【現役スタッフが教える】サッカーに関わる仕事の種類

Jリーグクラブをはじめとしたサッカーに関わる仕事の種類は非常に多岐に渡ります。求人情報を見た際に特定の職種を募集することがありますので、一体どのような仕事をしているのかJリーグのクラブで働くスタッフが簡単にまとめてみました。
(あくまで一例ですので、必ずしもどのクラブにも当てはまるというわけではありません。また呼び方もクラブによって表現が異なりますのでご注意ください。)

Jリーグクラブの最新求人情報を知りたい方は求人情報にて掲載中です。

営業担当

スポンサー営業を主に指します。クラブの売り上げを支える大事な役割です。
ユニフォームやスタジアムに企業ロゴを掲出したり、関連するイベントを開催したり、商品をプロモーションしたりなど年々、業務は多様化しているポジションです。

チケット担当

試合のチケットの計画から販売促進そして精算を行います。
毎試合ごとに何人来場するか予測するのか分析しながら、完売に向けて様々な施策を考えて実行する大切なポジションです。

グッズ担当

チームや選手、マスコットに関するグッズの企画や販売、在庫の管理を行います。
節目節目に様々なグッズを企画し、プロモーションする楽しさはなかなか興味深いです。

【クラブを知ってもらう】

広報担当

メディアの取材対応や公式HPでの情報発信を行います。
チームの活動を紹介する業務と事業と呼ばれるチケットやイベント、グッズなどを広報する業務に分かれます。

プロモーション担当

いろいろな人に来てもらえるようにポスターを掲示したりチラシを配ったりします。
かっこいいデザインを考えたり、突き刺さるキャッチフレーズも考えるのも大切な仕事です。

ホームタウン担当

活動するエリア(=ホームタウン)での告知活動やイベントの企画を行います。
スタジアムがある自治体や商店街、地元組織と連携して様々なイベントを試合日、試合日以外関わらず実行します。

スクール担当

小学生を対象にサッカーを好きになってもらう活動をします。

【楽しんでもらう】

イベント担当

試合会場で試合以外にも楽しめるようにイベントを企画します。
チーム以外の企業や行政と連携して、お客様に楽しんでいただけるイベントを考え、実行します。ある意味毎試合文化祭のようかもしれません。

ファンクラブ担当

もっとクラブを好きになってもらうためのサービスを考えます。
年に数回来場してくれる人を主に対象に加入してもらうように様々な特典を考えます。ファンクラブの加入を経て、年間チケットの購入につなげる大切な役割です。

マスコット担当

マスコットのイベント調整やブランディングを考えます。
選手以外に目立つのはマスコットというクラブも多いと思います。SNSをやったり、グッズを考えたり、などなどやることは非常に多岐に渡ります。

運営担当

試合が安全かつスケジュール通りに進むように準備をします。
アウェイゲームでも円滑に試合が開催できるように帯同することが多いポジションです。

【チームを強くする】

強化担当

選手やスタッフの編成などを担当します。

アカデミー担当

将来のトップチームチームで活躍する選手を輩出します。

【クラブを支える】

総務担当

スタッフが気持ち良く働ける環境を整備します。

経理担当

会社が黒字になるように予算の計画・管理を行います。
サッカークラブやサッカーチームによっては一人で複数の業務を兼務する場合もあれば、それぞれの担当が複数名いる場合もあります。多くの場合は少数精鋭と表現されることが多いので個人個人の力が非常に大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です