【現役スタッフが教える】サッカーに関わる仕事の種類

Jリーグクラブをはじめとしたサッカーに関わる仕事の種類は非常に多岐に渡ります。求人情報を見た際に特定の職種を募集することがありますので、一体どのような仕事をしているのかJリーグのクラブで働くスタッフが簡単にまとめてみました。
(あくまで一例ですので、必ずしもどのクラブにも当てはまるというわけではありません。また呼び方もクラブによって表現が異なりますのでご注意ください。) 

↓こちらもご覧ください。





【売り上げを稼ぐ】

スポンサー営業を主に指します。クラブの売り上げを支える大事な役割です。
試合のチケットの計画から販売促進そして精算を行います。
チームや選手、マスコットに関するグッズの企画や販売、在庫の管理を行います。

【クラブを知ってもらう】

メディアの取材対応や公式HPでの情報発信を行います。
いろいろな人に来てもらえるようにポスターを掲示したりチラシを配ったりします。
活動するエリア(=ホームタウン)での告知活動やイベントの企画を行います。

小学生を対象にサッカーを好きになってもらう活動をします。

【楽しんでもらう】

試合会場で試合以外にも楽しめるようにイベントを企画します。
もっとクラブを好きになってもらうためのサービスを考えます。

マスコットのイベント調整やブランディングを考えます。

試合が安全かつスケジュール通りに進むように準備をします。

【チームを強くする】

選手やスタッフの編成などを担当します。

将来のトップチームチームで活躍する選手を輩出します。

【クラブを支える】

スタッフが気持ち良く働ける環境を整備します。

会社が黒字になるように予算の計画・管理を行います。

サッカークラブやサッカーチームによっては一人で複数の業務を兼務する場合もあれば、それぞれの担当が複数名いる場合もあります。多くの場合は少数精鋭と表現されることが多いので個人個人の力が非常に大切です。

(参考)
参考情報ですが、フロントスタッフ(職員)を掲載しているクラブもありますので、どの部署にどれぐらいの人数が働いているかご覧ください。

水戸ホーリーホック|クラブスタッフ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です